せどりの始め方から終わり方講座

本せどりの稼げるジャンルとは?100店舗のブックオフを制してわかったこと

動画講義

 

 

 

本せどりで稼げるジャンルよりも大事なこと

 

 

 

 

まずはじめに言っておきたいことであるが本せどりにおいて

稼げるジャンルをネット上で調べることはあまり意味がない。

 

 

僕も本せどりをやる前にいろいろと情報を調べてみた

 

稼げるジャンルを知らないと行動できない

 

 

愚か者だったからである。

 

 

しかしながらブックオフとそれ以外のお店を100店舗以上行ってわかったことがある

 

 

稼げるジャンルを事前に情報収集するのはあまり意味がない!

 

 

 

なぜかといえば、そんなものはやっていれば自ずと傾向が見えてくるからである。

 

 

そして稼げるジャンルを知ったところで稼げるようにはならないのが

現実である。

 

 

なぜかというとせどりというものは

店舗とネットの需要と供給の歪みから生まれるビジネスであり

 

 

 

稼げるジャンルを情報として知ってそこに群がっていった途端に

その歪みがなくなるからである。

 

 

 

大事なのはどこのジャンルが稼げるかよりも

 

 

大前提としてもっと大事ことがある。

 

 

 

 

それは   大量行動   すること。

 

 

 

せどりは情報収集するよりも行動しまくっているやつが強い!

 

 

 

 

 

言ってしまえば

 

 

だから大前提として稼げるジャンルを知る前に

 

 

ブックオフに行って1冊でも多くの本をスキャンしてほしい笑

 

 

 

そうすると稼げるジャンルも分かるし稼げるので

 

 

一石二鳥だ。

 

 

 

 

とは言っても稼げるジャンルは存在する

 

 

まあとは言っても稼げるジャンルというのは存在するのである。

 

だから僕が伝えたいメッセージとしてはこれらの情報をもとに大量行動をしてほしい

 

またここに書いてあるジャンルをやればいいというわけでは決してなく

 

これらを中心に自分でも稼げるジャンルを発掘してみてほしい。

 

 

 

 

1、参考書系

 

 

これは鉄板である。参考書は単C(108円〜200円のコーナーのこと)でも

比較的仕入れができやすい。

しかしながら受験が終わったら一気に価格が崩壊するシーズンがあるので

そこだけ注意が必要。

 

だいたい3月ぐらいかな。

 

 

 

それ以外のシーズンは参考書は安定して利益が取れやすいジャンル。

 

また書き込みが入っている確率が他のジャンルに比べてはるかに多いので

そこには注意。

 

書き込みが入ってるが故に安くなっている本もあるので必ず仕入れる前に

チェックしよう!

 

 

英語系、資格系

 

これも参考書と同系列で比較的仕入れやすい。

 

TOEIC、英検、漢検などは結構仕入れができるし

 

資格系も人気なものは結構仕入れができる。

 

 

しかしながらこれも参考書と一緒で書き込みには注意しておきたい。

 

 

あとは、資格系の2014年シリーズ   などの1年ごとに更新されるものは

 

取れない傾向があるのであまりリサーチする必要はないであろう。

 

 

 

新書

 

これは自己発送限定であるがかなり美味しい。

 

FBAだと手数料を含めるとあまり仕入れられない。

 

 

 

 

自己発送だとかなりボンボン取れる。

 

30分で50冊とか仕入れられるときとかもあったぐらいである。

 

 

 

 

FBAにこだわりがなく自己発送でもいいから

 

というか本せどりをやるのであれば今はほぼFBA基準でやっては仕入れができないので

 

必須で自己発送ですね。

 

トップセラーのみが知っている自己発送とFBAの使い分け

 

 

とにかくせどりで稼ぎたいという方は絶対に取り組むべきジャンルが

 

新書である。

 

 

THE 薄利多売  であるが

 

数の暴力という言葉もあるぐらいで他の人が

 

 

あまり積極的に仕入れていかない分

 

かなり稼げるジャンルでもある。

 

 

自己発送をやる上で必須の送料を激安にするための考え方はこちら

 

送料を圧倒的に安くして利益率を30%キープする方法

 

 

 

医学書 などの専門書

 

 

 

専門書などは結構高額な商品も多い。

 

 

 

その中でも群を抜けて高額なのが医学書である。

 

 

1冊2000円〜4000円などの売値も結構見つかるジャンルである。

 

 

こちらはロングテール商品が多い気がする

 

 

大型 参考書 資格本

 

これも参考書系には違いないが並んでいる棚が全然違うので

多くの人が見落としていることが多かったので仕入れやすい。

 

これらも英検やTOEICなんかもよく仕入れができる

 

 

 

PC系 の専門書

 

 

プログラミング系の専門書であり結構仕入れられることがある

JAVAとかPHPとかね。

 

 

このジャンルもなかなかニーズがあるのか高値の場合が多い。

 

ブックオフのセールなどで必ず仕入れることができたジャンルである。

 

 

また店舗によって値付けが尋常じゃないぐらい高いこともあるので

マストとまではいかないがまぁまぁ仕入れることができる

 

 

 

児童書

 

これも驚くほどよく仕入れができる場合がある。

 

児童書だけで1かご埋まることが何度かあったほどであるが

 

これも店舗によって違う。

 

店舗の値付けが甘いところと厳しいところがあるのでジャンルごとに

値付けの甘さと厳しさを記録していき

 

値付けが甘い店舗は重点的にやってみよう!

 

 

逆に厳しい店舗は次からは可能性が低いのでスルーできる

 

 

 

 

 

これらのジャンルよりもはるかに美味しいコーナー

 

 

稼げるジャンルはここまでだが

 

これらよりもはるかに美味しいコーナーがある。

 

 

それは通称赤い棚と呼ばれる棚である。

 

 

ダウンロード (2)

 

 

こんな感じの棚がブックオフには必ずある。

 

 

これはブックオフがお客様から買い取ったばかりの新鮮な商品なのである。

 

 

つまり誰にも検索されていない商品たちなのである

 

 

これらの棚を検索すると

 

結構な確率で商品が見つかる可能性が高い!!

 

 

 

 

但し、店員さんの邪魔にならないようにやらないと注意されることが

あるので注意しよう!!笑

 

 

 

ということでこの赤い棚は入店したら真っ先に

 

リサーチしにいくほうがいい!!

 

 

それぐあい高確率で仕入れができる。

 

 

 

 

ちなみに僕はこの法則に自分で気づいたのが

 

 

 

始めてばかりで他のライバルとスキャンし合いになり

 

(ちょっとした取り合いみたいな感じ笑)

 

 

今、思えば非常にみっともないが

 

当時は非常に貪欲であったということだと思う笑

 

 

 

貪欲さは真似してほしいが他の人と取り合うのはみっともないので

 

真似しないように笑!!!

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

冒頭に言ったが

 

せどりで稼げる人はたくさんの情報を持っている人ではない

 

 

大量行動するやつだ

 

 

大量行動していたらこれらの情報などは不要なのである。

 

 

やっていれば傾向が見えてきて

 

 

「確かに」

 

と納得するはずである。

 

 

しかしながら情報がないと行動できない人もいると思うから

 

 

 

 

これらの情報をもとにしっかり行動して

本せどりをマスターしていこう!!

 

 

 

 

本せどりは、目利きですべてを仕入れができるスーパークラスは別格として

 

・バーコードリーダー

 

 

・せどり風神  (有料ツール)

 

 

 

 

があれば非常に攻略が容易いジャンルである。

 

 

 

逆にこれを投資をできないのであれば稼ぐのは難しい

 

 

 

本せどり、儲からないならツールを導入せよ

 

 

 

 

ということでこの2つのツールを大前提として持っているのを

 

前提でお話しさせていただいているので

 

 

 

持っていない人はぜひ手に入れてから大量行動してほしい。

 

 

 


リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ