せどりの始め方から終わり方講座

せどりで稼げない人が足りていない思考 稼げる人の思考

こんにちは。

 

 

 

今日は、せどりの原理原則について話しておきたいと思います。

せどりというビジネスモデルを説明できますか??

 

 

 

超簡単です。

 

 

 

安く買って、高く売ること。

 

 

 

ですよね?

 

 

 

では、この値段が自分が住んでいるところにある店舗とネット(アマゾンやヤフオク)
の値段が違うのはなぜだかわかりますか??

 

 

 

きちんと考えて見ましょう。

 

 

 

せどりで稼ぐには必要ないですが、ビジネスで成功するためには、
考えることが必須です。

 

 

 

いややはり必要ですね。せどりで稼げていない人はこうゆうことを

考えないのです。

 

 

 

 

 

 

せどりでもライバルを出し抜くためには基本的に考えて行動することです。

 

最低限考えられない人というのは稼ぐことができません。

 

 

 

 

 

てゆうかそうゆう人はコンビニのレジ打ちぐらいしか仕事残らないじゃないか?

 

 

 

 

 

では、回答

 

 

 

 

 

答えは、重要と供給のバランスがあるからです。

 

 

 

 

 

 

基本的には店舗というのはロケーションによって、商圏が決まります。

 

 

 

 

つまり青森にりんごが超美味しいところがあったとしましょう。

 

 

値段は一個300円だとしましょうか

 

 

 

 

 

で、東京に住んでいる人がわざわざ買いにいくか?

 

と言われれば

 

 

 

 

 

そのりんごを買いにいくという人は少ないのです。

 

 

 

 

 

つまり超おいしいりんご屋さんの商圏は青森に旅行でくる観光客であり、

 

 

東京に住んでいる人はなり得ないのです。

 

 

 

 

でも、どうでしょうか?

 

 

 

 

新宿の伊勢丹にはそのりんごが置いてあるとします。

 

注)新宿伊勢丹は日本一のデパートで売り上げも日本一です。

 

 

 

 

 

値段は一つ800円です。

 

 

値段800円でもこのりんごは一日に何個も売れるヒット商品なのです。

 

 

 

しかしながら、なぜりんごに300円と800円で価格差があるのであろうか?

 

 

 

 

 

その商圏のお客様の中で需要と供給によって、値段が決まります。

 

青森という地方による需要と供給  と   新宿の伊勢丹 の需要と供給

 

この歪が価格差となって表れています。

 

 

もう一つ例を出していきましょうか。

 

セブンイレブンでジュースを買うとしましょうか。

 

 

セブンイレブン→便利なところにあるのが一般的です。

 

ジュースを買ったら、いつ飲む?

 

その日のうちに飲むことが多いです。

 

 

コンビニは 今すぐ欲しいものを 定価で販売しているのです。

 

 

 

 

 

 

じゃあ、次はスーパーです。

 

ここでも同じジュースが売っています。

 

値段がコンビニに比べると安いです。

 

消費者はここではまとめ買いをする人もいます。

 

 

スーパーは今すぐ欲しい人というよりもこれから飲むであろう人のために商品を置いています。

 

 

 

 

 

 

では、次は市場に行きましょう!!

 

ここでもジュースが売っています。

 

しかも安いです。

 

しかしながら、ここでは1ケース以上のケースでしか売ってくれません。

 

 

なぜ1ケース以上でしか売ってくれないのか?

 

なぜなら市場では、食材を仕入れにくる飲食店がメインにお客様です。

 

 

 

 

 

さて、需要と供給の違いを説明できますか?

 

 

きちんと自分で説明してみてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、ネットというのは、商圏が全国です。

 

 

 

全国のユーザーが商圏になり、その中で需要と供給により値段が決まります。

 

 

東京と青森に値段の歪があるのと一緒で

 

 

ネットとリアルにも

 

この違いにより、歪みが生まれるのです。

 

 

 

 

 

つまり、限定された商圏の需要と供給のバランスと

ネットを利用する全国商圏の需要と供給のバランスにおいて

値段が違うのです。

 

 

 

 

 

 

ここにせどりというビジネスチャンスが生まれるのです。

 

 

 

なのでこの歪みがある限りはせどりというビジネスが消えることはありません。

 

 

 

 

確かにみんなが揃って、

 

 

 

全国チェーンのブックオフに行けばせどりは一瞬にして

飽和します。

 

 

 

だって、ブックオフがネット上の価格に合わせて

値段を付け替えてしまえばお終いなのですから。

 

 

 

 

「その程度でせどりは稼げない」

 

 

 

 

と言っている人が他のビジネスで稼げるかと言われたら

 

 

そんなことは絶対にない

 

 

大事なことなのでもう一度言おう!!

 

 

 

「ビジネスは運じゃない」

 

 

 

「ビジネスはレベルが高い奴が勝つ」

 

 

 

「ビジネスは少しでも頭捻った奴が勝つんだよ」

 

 

だって、そうじゃない!?

 

 

 

 

ブックオフがダメ=せどりの終焉

 

 

 

 

みたいな風潮があるけど

 

それが何って話だって話である。

 

 

 

 

ブックオフが厳しくなったのは確かにわかるし、

 

 

僕もブックオフのせどりはもう既に終焉したといわれる

2014年から始めて

 

 

しかもブックオフから始めた。

 

ネット上には

 

 

 

「ブックオフは終わった。せどりは終わった」

 

 

 

 

と記事が書いてあった。

 

 

 

 

しかしながら、別の人は

 

 

 

 

「まだまだ現役で稼いでる」

 

 

という話をしていた。

 

 

 

 

結局どっちを信じたかというと

 

 

「まだいけますよ!!

  全然稼いでます」

 

 

という人の信じて行動してみた。

 

 

 

「その人が発信している情報を頼りに行動してみた」

 

 

そして自分なりに限界まで行動してみたのであった!!

 

 

 

限界まで行動してわかったことがある。

 

稼げないという人は行動していないということ

 

 

確かにめちゃくちゃ稼げるというふうには思わなかった。

 

 

限界はきた。

 

 

だから思考を変えてみた。

 

 

 

正直、このステップでしか成長というか進化ってしていかないんではないかと思う。

 

 

稼げる人の思考パターン

 

 

 

情報やノウハウをインプット

行動を限界までしてみる

限界を感じる

どのようにして今の限界を超えるのかを考える

行動してみる

失敗する

失敗から何がダメだったのか考えてその原因を解決するような行動をしてみる

以後、繰り返し。

うまくいく(いつか)

 

 

 

 

 

このような思考プロセスを繰り返している人は

いつか必ず稼げるようになる。

 

 

 

一方で

 

稼げない人の思考パターンは

本せどりはもう終わったらしいという情報に当たる

     ↓

どうしようか悩みまくってもっと美味しい情報を探す(考えてない)

      ↓

結局、いろいろな情報に浴びすぎて疲れ果てる

     ↓

稼げないノウハウや失敗した人の話を聞いて安心する(行動しない)

     ↓

結局何も変わらない

こんな感じでしょ!?

いやいや自分は違うよ!?

といって逃げ出すのは簡単だけど、

実際多くの人はそうである。

だって、せどりというのは行動さえすれば必ず稼げるようになるから。

まぁ話をビジネスモデルの話に戻すと これを頭ひねって考え出している人がいるってことを忘れてはならない

 

 

そしてこのせどりというビジネスを発展させたものが、

輸入ビジネスであり、輸出ビジネスであります。

 

(アマゾン輸入、ebay輸出などのネットビジネスに限らずです。)

 

 

 

 

 

 

 

せどりで十分学んだから違う国行って仕入れをしてみる(現地に行って)

 

 

 

というのはものすごく効果的です。

 

 

 

 

 

 

というか僕は、先月行ってきました!!

4万円ぐらいの利益にはなりました。

 

 

 

 

 

 

渡航費に10万円ぐらいかかりましたが。笑

 

 

 

 

 

ただ、結局、経験地の積み上げにより、レベルが上がります。

 

 

 

 

 

やったもん勝ちです。

 

 

 

行動しちゃった人が勝ちます。

 

 

 

同じことだけやっても同じ結果しか出ません。

 

 

 

 

仕入れおいても基本的なセオリーな仕入れしかしないんであれば、

 

 

 

限界はすぐにきます。

 

 

 

(ライバルが多いので)

 

 

 

今後もせどりにライバルの参入は多いと思います。

 

 

 

なぜなら、参入障壁が低いからです。

 

 

 

 

自分自身が参入障壁が高いことをしていれば、ライバルに追いつかれずらいです。

 

 

 

独占しやすいです。

 

 

 

 

そのような仕入れの方法を
ブログでは言えませんが

 

 

今後、メルマガを始めて行った際に、すこしずつ漏らしていこうと思います。

 

よかったら下からどうぞ!!


リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ