せどりの始め方から終わり方講座

◯◯を買えば稼げますか?が聞いてしまう人へ

こんにちは ヒロキです。

 

今日のテーマは

 

◯◯を買えば稼げますか??

 

 

と思わず聞いてしまう人たち向けのお話をします。

 

 

この教材買えば稼げるようになりますか?

 

このツールを使えば稼げるようになりますか?

 

この 商品を買えば成功しますか?

 

 

このように発言している人で稼げる人はいません。

 

 

なぜなのかということを具体例を交えて今日はお話していきます。

 

 

 

これを意味することは深いですのでしっかりと理解してください

 

例えばあなたが塾の先生だとします。

 

 

そして、塾に入ろうか迷っている生徒がいるとします。

 

僕は東大いきたいんですけど、この塾に入れば合格できますか?

 

 

って聞かれたとします。

 

 

なんて答えますか?

 

 

 

もう一問いきます。

 

 

英語が話せるようになりたいです。留学すれば話せるようになりますか?

 

 

なんて答えますか?

 

 

 

回答パターンA

 

「うん。頑張ってやっていけば東大も合格できるよ!!!」

 

「留学に行っちゃえば余裕だよ!!!」

 

 

などの質問に対して肯定してしまうパターン。

 

 

回答パターンB

 

「うーん。それはわからないな。人次第ですね。うちの塾も過去に東大生は出ていますけど…..]

 

「留学に行ってもしゃべれない人もいるよ。あの人は 留学に行ってもあんなもんしか話せていなし….」

 

 

などと事実を伝えてしまうパターン。

 

 

 

まあだいたいこの2つのパターンに分かれるんじゃないでしょうか。

 

 

 

他にも全否定するパターンなどもありますが、多くの人が答えるパターンがAかBの2つのパターンなわけです。

 

 

 

で、どちらのほうがいいとかそうゆうのはないです。

 

 

 

重要なのは質問を聞いてきている人たちは

どんなことを求めているのかというと

 

 

 

・とにかく安心したい

 

と同時に

 

・自分は傷つきたくない

 

 

って思っているわけです。

 

 

それぞれ説明していきましょう。

 

 

とにかく安心したいと思っている

 

 

これを買えば結果が出ますか?って聞く人の特徴としては

自信がありません。

 

 

だからこそ安心したいのです。

 

 

自信がない人ってフワフワしちゃっている人が多くて

あれこれに手を出して結局何もできていない人が多いのです。

 

 

で、安心するために何かを購入したわけですからその目的さえ

満たされてしまえばもう関係ないわけです。

 

もちろん東大行くのも大事なんだけど安心するのはもっと大事なわけです。

 

 

で、安心するためには何が大事かというと答えが必要なわけです。

 

 

何かこれをやればいいよ!!っていう単純明解な答えを求めているわけです。

 

そうすればとりあえず安心します。

 

何をやっていいのかわからないけれども

やることができるのでその方向性があっていようと間違っていようと

安心できるというわけです。

 

 

 

何かこれをやればいいよ!っていう答えを求めるのにはもう一つ理由があります。

 

 

それは自分自身が傷つきたくないからです。

 

 

自分自身の判断でやってみたことがもし仮にうまくいかないと責任は

嫌でも自分の責任になるわけです。

 

 

でも例えば、これを使えば稼げるよ!!っておすすめしてくれた教材やツールがあったとします。

 

で、実際に使ってみたらあんまり稼げなかった。

 

 

そしたら、使った人というのは誰に責任にするのかと言ったら

自分の責任にする必要がないのです。

 

 

このツールがダメだったのである。

この教材がダメだったのである。

もっと言えばこの商品を勧めてくれた人のせいである

 

 

 

というように責任を自分のところに持ってこようとしません。

 

 

責任を逃れると自分の心にかかる負荷はドンドン軽くなります。

だって人のせいにしておけばいいのですから。

 

 

でも同時にチャンスを失っているのです。

 

 

 

それは自分で責任を取るという形で学べるはずであった「学び」

その後に試行錯誤するという「経験」の機会を失ってしまっているのです。

 

 

 

自分自身に責任を持たない人に稼げるチャンスが来るのでしょうか?

 

責任という手綱を握ることでチャンスというものを握っているのです。

 

 

そして自分自身で責任の手綱を握っている人はそんなことは聞きません。

 

 

もちろん不安だし

もちろん自信ないし

 

でも、そんな心理状態で歯を食いしばって小さな一歩を勇気を振り絞る人です。

 

 

僕のところには

 

「よくせどりって稼げますか?」

 

っていう質問をする人が来ます。

 

 

そうゆう人ともうひとつのパターンとして

 

「ヒロキさんのブログ読みながら、アマゾンのアカウント作って、本を出品したら140円利益ができました。

本当に嬉しいです。ありがとうございます。お金を稼ぐって大変なんですね」

 

 

と言ってくださる人もいます。

 

 

この答えはいうまでもなく後者なわけです。

 

 

少しでも怖くても傷つくのが嫌でもドンドン行動していく。

 

 

このマインドが非常に大事です。

 

 

傷つくのを恐れているのであれば副業やビジネスや起業に限らずに

成長できない。

 

 

ということです。

 

 

どんな分野でも成長できる人とどんな分野でも成長できない人がいます。

 

成長できない多くの人はスタート地点にすら立っていないということです。

 

少し厳しいかもしれませんが今日は真実を語りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ