せどりの始め方から終わり方講座

香港の旅を終えて…

こんにちは

 

ヒロキです。

 

香港の旅を今日で終わりにするので最後に

メルマガ1 通を書いておこうと思って書き始めました。

 

今回は仕事で来ているわけでかったのですが

結果としてちょっとだけ仕事をすることになってしまいましたが….

 

まあでも僕の仕事はライフスタイルの中に

仕事があり仕事の中にライフスタイルがあるので

全然OK苦痛ではありません。

 

 

海外にいるときぐらいしか海外で感じたことを

書けないので(僕はすぐわすれてしまうので笑)

海外で感じた価格差についてお話していこうと思います。

 

世の中のビジネスのほとんどが安く買って、高く売るビジネスもしくは何かを紹介して仲介料をもらうビジネスモデルが

ほとんどなわけです。

 

そして、僕が取り組んでいる物販って基本的には価格差を利用して

販売してます。

 

例えば、

ドンキとアマゾン

楽天とアマゾンの価格差

ブックオフとアマゾンの価格差

 

 

別に価格差ってAmazonに限らずにどこにでもあって

イトーヨーカドーとフリーマケットにもあるし

お祭りとコンビニにも価格差があるし

ディズニーランドと自動販売機にも価格差はあります

 

 

要はどこにでも価格差があり、それを利用することでビジネスに取り組んでいるわけです。

 

 

 

居酒屋とかもそうですよ。

 

コンビニで売っている100円で売っている豆腐を4分の1にきり冷奴として生姜と鰹節をかけてだしたら

 

300円ぐらいで販売する。

 

 

単純計算で価格の10倍ぐらいで売っているわけですが、これを詐欺と呼ぶ人はいませんよね?

 

 

このメルマガは空港のサブウェイで書いていますが

subwayであればパンと生野菜と肉とチーズを安く買ってきて

高く売っているわけです!!

 

それを調理して高く売っているわけです。

 

 

その調理がいわゆる付加価値ってやつですね。

 

 

じゃあ、せどりのモデルでいえばどの辺が付加価値なのか

 

というと自分の見つけた商品をAmazonに流すこと。

 

ですかね?

 

たまにこれには付加価値がないという人がいますが

Amazonって今やめちゃくちゃ便利なお店です。

 

注文したら商品が翌日(早ければ当日)に到着します。

 

僕は2015年にはAmazonで商品183 個も購入していました。

 

つまり2日に1度のペースで商品を注文したということになります!!

 

 

これが超面倒ください決済があったり、家まで運んできてくれたり

しなければ買わなかったのですが早いしやすいという点で付加価値をAmazonの利用している

人は感じます。

 

なので販売している側がどう思うかわかりませんが

付加価値を提供するシステムは使わせてもらっている状態なのです。

 

 

 

で、話を価格差に戻します。

 

物販の条件ってわかりやすく言うと

 

 

きちんと売れて価格差があればぶっちゃけなんでもいい

 

わけなのです。

 

 

ですよね?

 

それを探すのに苦労してるんだよ!!

 

っていう意見が聞こえてきそうです…

 

 

例えば楽天とAmazonの価格差って物理的に価格差が出ずらいです。

 

なんでかっていうと同じネットだし知名度も同じぐらいだし

同じ媒体力を持っているからです。

 

 

セブンイレブンとローソンで価格競争していてもあまり価格差が出ないのと

一緒です。

 

前提条件を切り崩す必要がここででてきます。

 

 

で、今海外にいるので結構感じるわけです。

 

 

価格差を。

 

 

もちろん海外のほうが単純に安いのですがなぜなのか?

 

ということを考えてみたのですが.

 

単純に物流コストが圧倒的に安いです。

 

 

例えばバスの運転手を例にあげても

 

日本のバス運転手って別に特別な能力がなくても結構いい給料をもらっていますよね?

 

そりゃあ国民の命を担っているといえばデカイ話になってしまいますが

それはどこの国でも一緒です。

 

 

今、香港にいるのですがバス運転手の階級クラスって多分めっちゃ低いです。

 

日本のようにきっちりした服装でやってもないし

 

言い方を変えるとみすぼらしい服装をしているからです笑

 

 

で、これを言い換えると給料が安く済むわけです。

 

日本のバス運転手ってそこそこ威厳がある仕事でコンビニのアルバイトに比べたら

はるかに賃金が高いですよね。

 

でも香港をはじめとして他の海外もすべてそうですが

単なる単純労働に対してそんなにいいお給料を支払っているようには見えません。

 

 

日本国内の人件費が上がりすぎたという話をよく聞きますが

今更バスの運転手の給料を時給1200円にします

 

なんて言えないですよね?

 

そしたらニュースとかが国民の命をアルバイト並みの給料の仕事に任せるのかー?

 

みたいな議論がされてボツになって終わります。きっと。

 

だからそんなの現実的に問題ありなのです。

 

 

だからこそチャンスなのです。

 

日本国内の価格差にはどこかで限界があります。

 

 

しかしながら海外はゲロやすい価格の商品がゴロゴロあります。

 

 

それはそのような物流の仕事をやっている人たちのお給料が抑えられているのも要因の一つです。

 

 

日本で1000円で売っているものが100円で売っていたりするのが普通です。

(売れるかどうかはリサーチ次第ですが)

 

 

 

ということは海外に出てしまうことさえすれば

物販ビジネスの一つ目の壁である

 

価格差のある商品を見つける

 

 

ということは余裕でクリアできます。

 

 

なので物販の次のステージに行きたいと思っている人は

 

海外に行ってみるということをしてみてください。

 

 

「お金がないから行けません」

という人は無理に推奨しませんが

 

海外旅行に行くついでに見に行く程度でものすごい

刺激になると思うのでいつか行く時には覚えておいてください!!!

 

 

そして

今すぐにいけない人は国内の商品でどんなものが売れるのか

 

ひたすら実際の販売を通じて研究してみることです。

 

それが今できることであり

 

今できることをスピードを早くして行うだけで次のステージは近づいてくるはずです!!

 

 

ではでは!!

 

 


リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ