せどりの始め方から終わり方講座

Amazon 食品カテゴリには要期限管理テストを突破しなければいけない

20131029-00028950-roupeiro-005-3-view

 

 

こんにちは

 

ヒロキです。

 

前回の記事でカテゴリ申請が必要な商品についてお話ししました。

読んでいない方はこちら 

 

あれで結構商品の扱いがグッと広がります。

 

コンビニで例えると

 

特別なものが酒もタバコも扱えないコンビニと

 

酒もタバコも扱えるし、最近流行りのコーヒーも置いてあるしドーナツも置いてあるコンビニ

 

ぐらいの差があります。

 

 

当然ながら売れ行きが全く違うわけで

 

 

タバコ扱えるコンビニとかって結構神じゃないですか?

 

 

結構な利権商売なわけです。

 

というかタバコ屋ってあんなに人がいないのに全然つぶれないのは

既得権で守られている業種だからである

 

 

 

で、カテゴリ出品許可もタバコほどではないですがまあ一応利権商売なわけです。

 

 

ということで是非許可はもらっておきましょうね。

 

 

で、今日は食品に特化してお話しします。

 

 

食品には要期限管理テストが存在する

 

 

カテゴリ別で許可申請が一番厳重なのは

 

食品なのかもしれない。

 

 

それは賞味期限や消費期限があるからである。

 

 

Amazonとしては間違っても賞味期限が切れた商品を

お客様に届けるわけにはいかないのである

 

 

今まで積み上げてきたブランドと

早い安い安心という築きあげてきたブランドがある。

 

 

そのブランドを汚すような行為を厳重に取り締まりを行わざるを得ないと思える。

 

 

そこで食品&飲料のカテゴリに出品するためには

要期限管理テストというものを受講して全問正解しなければいけない。

 

しかも要期限テストの前には割と長い要期限商品取り扱いマニュアルを

視聴しなければいけないのである。

 

多分30分ぐらいあったと思う。

 

早送りできないのが特徴でそのビデオ見た後に

テストが待っている。

 

 

このテストが結構難しくてビデオをきちんと見たのだけれども

なかなか全問正解が取れなくて何度も受けなおした。

 

 

幸い何度受けなおしてもいいが、全問正解するまでは永遠に出品許可が下りない。

 

僕はわかったふりをしてロクにビデオを見ずに受講したのであるが

そうすると最終的に時間がかかるので一度しっかり見て、すぐにテストに臨もう。

 

 

それでも結構難しい気がする。

 

 

全問正解したらその後、24時間ぐらいすると出品許可がもらえるはず。

 

 

食品はFBA納品方法がそもそも違うので注意

 

きちんとテストを受ければわかることであるが

 

通常の納品方法ではダメで

 

要期限管理商品は要期限管理商品でまとめておかなければならない。

 

 

つまりどうゆうことかというと

 

 

通常であれば

 

 

家電、本、おもちゃ、食品をまとめて納品したいとすると

倉庫にもよるが

a箱→家電、本、おもちゃは混在 OK

 

b箱→食品などの要期限管理商品のみ

 

 

というように

要期限管理商品を取り扱いする場合にはかなり注意が必要である。

 

 

もし仮に混在で納品してしまった場合には取り扱い停止だったり

警告を受ける可能性は十分にある。

 

 

僕はシールの貼り方を間違えただけで一時的に取り扱い停止になってしまった。

 

関連の話はこちら。

1発で退場!!やっぱりアマゾンに依存するのは危険だなって思った話(要期限管理商品編)

 

これは要期限管理テストを受け直すことで解除されたが

2度目はないぞ!!

 

 

とかなり厳しめの警告をもらった。

 

 

ということで一発退場もありえる食品のカテゴリであるが

このことさえ気をつけていれば結構美味しいカテゴリである。

 

 

ので、是非食品も許可申請もらって食品デビューしてみよう。

 

 

 

賞味期限は結構厳しくて賞味期限が残り2ヶ月以上の商品しか納品されないし

賞味期限が45日以下になると廃棄されてしまうので仕入れ祭にも注意が必要である。

 

 

これだけルールが厳しいとライバルが少ないという意味でもあるので

チャンスだと捉えてガンガンやっていこう。

 

 

 

ということで今日はAmazonのカテゴリ申請が必要な商品の中でも

とりわけ厳しい「食品&飲料」について詳しく書いてみた。

 

 

 

 

ブックオフのせどりなどはライバルがひしめきあっているが

このようにジャンルを広げるとライバルの多さを感じることがあまりない。

 

ライバルが多くても俺はやっていくんだ

 

 

 

という強がりは一時的にはいいが

それはドンドン市場が悪化するのを待つことになる。

 

 

 

ではなくてそれを素直に認めた上でライバルがいる市場も

ライバルがほとんどいないブルーオーシャンも両方経験してみればいい。

 

別にこれはせどり限った話ではない。

 

なんでもやらないというのは良くない。

 

 

情報発信もやらずにディスっている人がたまにいるが

 

やればいいところも見えてくる。

 

 

しかしやるのであればしっかりと腰をすえてやってみてほしい。

 

結果が出るまでやろう。

 

 

まだせどりで結果が出ていないのであればせどりに集中することをお勧めする。

 

僕の知る限り一番結果の出るビジネスでかつ

 

センス不要で主婦でも学生でも稼げるビジネスである。

 

実際に僕は主婦に教えてきたけど稼げない人は一人もいなかった。

 

 

ある主婦は1ヶ月目で月商100万円以上を稼いで

自由を手に入れていった。

 

僕からしたらこれは普通のことすぎるのであるが

周りからは驚かれるらしい。

 

まあ、そりゃーそうか。

 

でも、そんなの当たり前だよ!!!

 

って人が一人でも増えてくれると僕は嬉しいし

 

僕はそんなのが当たり前の世界を作りたいしそんな仲間と付き合っていきたい。

 

ps

一緒のよく読まれている記事はこちら。

高校中退の僕がどのようにしてエリートたちを打ち負かしていきたのかの話

バカやアホでもエリートに勝てる世界の話

 

せどりで月商800万円稼いで自由になったメルマガやっています。

どのようにせどりを初めてどのようにせどりを終わらせるのか

を語っています。

登録特典として動画講義20時間以上の教材を無料でプレゼントしております。

 

 

 

 

 

 

 

 


リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ