せどりの始め方から終わり方講座

せどりで評価を効率的に集めよう!!評価リクエストと戦略

動画講義

 

マスメディアの時代→ソーシャルな時代からの変化で評価は重要になった

 

 

今日は評価やレビューについてお話ししていきますが

 

今のインターネット時代に評価は超重要な時代になった。

 

 

まずは

現代の変化が変わっていくの早いので日本の歴史を少しだけ振りかえさせていただきたいたい。

 

 

 

インターネットが出る前というのは評価やレビューというのは非常に少なかった。

 

 

 

 

何か商品を買ってつかってどうだったのか?

 

 

 

 

ということを知ることはできなかった。

 

 

 

 

だから、広告で悪いものでもいいから売ってしまえ!!

 

という風潮もなくなかったわけです

 

 

 

TVや新聞がランキングとかを広告会社に依頼されて作って

 

一番売りたい商品を上位に持っていくと

 

 

 

当たり前だが売りたいモノが売れる!!

 

 

 

 

 

しかしながらインターネットというものができて世の中の流れは

 

インターネット上でレビューを見ることができるようになり

 

良い商品はさらに売れて、悪い商品はなるべく買われないようになっていったのである。

 

 

 

 

 

それよりも様々な消費者の声が聞けるのでより安心して商品を選ぶことができる。

 

例えばこの本のレビューを見てみてほしい!!

 

 

 

 

 

必ずこのページに評価のところを確認してどんなことが書かれているのか確認して

読み進めてほしい!!

 

 

 

 

一度飛んで確認してきてくれました?

 

 

この本って出版当初はレビュー5がかなり乱立しました。

 

 

 

 

Amazonのランキングもかなり素晴らしかったわけですが

 

 

 

 

 

しかしながら

 

最近のレビューを見るとかなり厳しいレビューが立ち並び、評価が真っ二つに分かれている。

 

 

 

 

 

これをみた消費者は購入するであろうか?

 

 

最初のほうにつけられた評価のみを見て購入するということはしない。

 

 

あくまでも平等な立場で商品を選ぶという時代になったというわけである。

 

 

 

 

 

だからこの商品がダメと言っているわけではなく

 

購入する側もこのような商品レビュー(マイナスのほうの)をみた上で購入するので

それはそれでいいと思う!!

 

 

 

 

 

 

僕はこの本がいいとか悪いとかそうゆうふうな話をしているのではなく単純にレビューや評価で

モノが売れていく時代に変わった

 

 

 

 

 

 

 

ということで評価や重要性を理解していただいた上で自分の評価を気にしていただければと思う

 

 

 

Amazonの評価は集めるのが難しい!?

 

 

Amazonというのは評価をもらうのが簡単ではないのである。

 

 

なぜかというと評価が相互評価ではなく消費者からの評価であるからだ。

 

 

 

僕も初心者の頃はAmazonの評価を集めるのにかなり苦労したし夜も眠れなくなるぐらいの

神経もかなり使っていたし

悪い評価が来ると全力で対応してなんとか削除してしもらう方向に動いていた!!

 

 

 

 

また評価をもらうためにあらゆる試行錯誤をしていたので今回はそれをシェアしていきたい。

 

 

 

 

最近では悪い評価の削除については若干簡単になったみたいである。

 

Amazon 低評価 対策  高確率で削除で悪評価を削除できる方法

 

 

 

メルカリやヤフオクなどは相互評価なので評価を上げたければ

 

取引をするたびにかなり割合で高まっていくのであるが

 

 

Amazonというのはそういうところではない。

 

 

 

あくまでも出品者=小売店という扱いであり消費者が評価するもしないも自由である。

 

 

だからこそ評価をしてくれるお客様も極端に少ない!!

 

 

僕もAmazonをおそらく100回ぐらいは利用したことがあるが

 

評価は一度もしたことがない!!

 

 

評価するメリットが何もないので本当にいい人以外は評価をしてくれません。

しかしながら悪い人はいくらでも悪い評価というほんの気持ちでいれてくれます

 

残念なことながらこれがかなりやっかいでした!!笑

 

 

 

 

つまりAmazonは簡単に評価をもらうのは簡単ではないということである

 

 

 

それでも評価をもらいたい!?

当たり前ではあるがそれでも評価をもらいたいし

 

 

評価0の出品者と評価1000越えの出品者は売れ行きは

 

3割以上違うはずだ。

 

 

 

だからこそ評価という信用を早めに獲得したほうがいいのである。

 

 

 

 

これはベテランだから評価がたまりやすいとかではなく

 

資金が少ない初心者のうちにできる仕事でもあるのだ。

 

 

 

 

初心者が初心者だからこそやるべきこと

 

 

 

 

こちらの記事にも書いたが初心者はせどりを覚えるのと同時に

 

評価を大量に獲得することを優先してほしい

 

 

それでは評価をもらえる条件として以下のように上げておいた

 

 

 

中古商品を扱う

 

 

Amazonで新品の商品を買って、評価をしようという人はほとんどいない。

 

それは新品の商品に価格と価値の差がつきにくいからである

 

一方で中古商品というのは

 

価格と価値にが差がつきやすい。

 

 

 

 

例えば

Amazonの本の中には1円本というのも多数ある。

 

1円本だからといって商品が悪いわけではなくむしろこんなに綺麗なのに1円なの?

 

 

と疑いたくなるような商品もあるのだ。

 

 

 

 

 

僕自身の経験で

 

 

「こんな綺麗な本1円でいいの!?嬉しいなー」

 

 

 

と超テンションが上がった経験は何度もある

(評価はしていないけど笑)

 

 

 

お客様にとってもすごくメリットがあり1円で綺麗な商品が届くとそこには感動があり

評価がもらいやすい!

 

 

 

 

なので1円で売れてしまうということは悪いことばかりではなく評価をもらいやすくなるという点で

メリットである

 

 

 

評価リクエストメールを送る

 

これは商品発送した後に評価リクエストという内容のメールを送ることである。

 

 

こんなのやって効果あるのか?

 

 

と僕も最初は思っていたのだが

 

 

 

送る前は2%程度だったのが5%〜6%に向上した

 

 

 

 

また一通一通テンプレートをコピペで送ってもいいのだが

 

一度にメールを送信するツールもあるのでそちらを使うのも効果的である!!

 

 

 

 

またここでのポイントはいきなり評価リクエストのメールを送るのではなく

 

何回かにわたってメールを出すようにしよう!!

 

 

 

ここは動画で解説しています!!

詳しくは動画で

 

 

評価をつけるメリット与える

 

お客様が評価をしないのはメリットがないからである

 

 

であれば評価をする理由を与えてあげようっということで

 

評価してくださった方には10円キャッシュバックというキャンペーンを独自で売っていた!!

 

 

 

 

 

キャンペーンを打つというと大げさであるが要はリクエストメールに

10円キャッシュバックするので評価お願いします!!

 

 

 

 

という内容で作成していたのである。

 

 

 

 

僕は楽天で買い物をしたことがあるが楽天はよく

 

 

「レビューを書いてくれたら、保証期間を3年にします」

 

 

みたいなことをやっている店が多い!!

 

 

これをヒントに思いついたわけであるがメリットがあればお客はレビューぐらいはする!!

 

 

このような日々のキャッシュバックではなくても付加価値を与える方法はいくらでもある。

 

 

 

ヤフオクで商品を買い物する際には手書きで

 

 

「ありがとうございました。評価よろしくお願いします」

 

 

と書いてある手紙が入っている場合もある。

 

 

 

 

このような評価をもらうための作戦はいくらでもあるので

 

負担にならない程度で考えてやってみればいい!!

 

 

 

 

 

ただしキャッシュバックの手法はAmazonの規約では禁止事項なので責任はご自身で!!!

 

 

 

ということでAmazonの評価を効率的にもらう方法でした!!

 

 

ではでは

 

 


リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ