せどりの始め方から終わり方講座

ウナギとナマズで物販ビジネスを解説してみる

こんにちは

 

ヒロキです。

 

最近、うなぎの代わりに

なまずを食べようとしてるニュースが非常に多いですね。

ウナギ

うなぎの値段が高騰して、代わりに

なまずの養殖が成功して、

油の乗ったなまずがたべられるようになったっていうニュースです。

http://www.sankei.com/west/news/150724/wst1507240038-n1.html

 

こんな感じのニュースをテレビで3回、新聞で1回、今、ニュースのリンクをとってくるために1回読み

合計5回も読みました。

 

 

これを物販にたとえるとどうでしょうか?

 

ウナギという商品が量が取れなくなってしまっているプレミア化している状態。

もちろんスーパーで買えるぐらいなので

まだまだプレミアム商品とはいえない状況ですが、でも似たようなものですよね。

goo.gl/dHnL2H

 

アマゾンではこのような金額です。

300gで4980円なので

決して安いとは言えないです。

この決して安いとはいえない状況を解決するためにでてきたのが

ナマズです。

 

ナマズはうなぎよりも安いらしいです。

http://www.j-cast.com/tv/2015/05/12234908.html

参考記事

 

unagi VS ナマズ

 

この記事にはウナギとナマズの価格差は1000円らしいです。

 

 

その中でナマズという類似商品を格安で提供している状況で

 

多かれ少なかれナマズという類似商品のニーズが高まっているということです。

 

 

同じようなことを、日本製品と中国製品の比較ともいえますね。

メイドインジャパンのほうが品質も価格もばっちり高い。

メイドインチャイナのほうが品質も価格も廉価版です。

china

 

実は先日、家族で先日ウナギを食べました。

一人二枚で一枚は国産うなぎ、もう一枚は中国産ウナギです。

 

もちろん価格は国産のほうが高いです。

 

で、味は????

はっきりいって、両方うまいです。

 

国産は歯ごたえしっかり油少な目です。

 

中国産は、油がのっていてとろけるような食感です。

 

意識しながら食べて、どちらがうまいかと言われれば

甲乙つけがたかったので

僕と同じような感覚を持つ感覚のヒトはおそらく半分以上でしょう!

で、味がわからないのであれば、

中国産でも問題ないよって方が

中国産のウナギや中国製品、あとはナマズを手にとっていきます。

 

このような購買プロセスを経て、日本製の製品よりも中国製品のほうが

売れると言われる時代になったのです。

 

この考え方を逆に物販ビジネスに応用してみるのです。

例えば、一定量の需要がある日本では高いけど、

海外では安いものを販売していく。

 

他にも、国内のものでもいいですが、

ウナギからナマズのような代替品を

販売してみる。

 

こうゆうところにはビジネスチャンスがたくさんあります。

ビジネスの種は市場に埋められているので

それをどうやって引っ張り出したり、

育てていくかどうかということです。

 

これを僕がこの商品いいですよーって教えるのは全く意味がありません。

 

一瞬で飽和して終わりです。

 

であれば、自分で探せるよになったほうがお得です。

そして、その思考過程と経験こそが

武器になります。

 

その思考過程を使いこなせる領域は

上級者レベルの人たちです。

 

つまり上級レベルの人たちは儲かりそうな

匂いを嗅ぎ分けられる人たちということになります。

 

 

はっきり言って、中級レベルの人たちは

教えてもらったノウハウをヒトに教える程度のことをして

お金を稼いでるヒトたちです。

 

自分でノウハウを作れるヒト=プロセスを作り出せるヒトが物販ビジネスにおいては

最強なのです。

 

 

ノウハウを売ることもできれば、

売らずに独占できることもできるのです。

 

 

これはLTV=ライフタイムバリューの観点から考えればいいでしょう。

ライフタイムバリューとは顧客生涯価値という意味で

 

ひとつの商品がもたらす売り上げもしくは利益のことを指します。

 

ノウハウを売らずに独占する場合は、自分のやっている手法で儲けられる金額の始めから終わりまでがLTVとなります

ノウハウを商品化して、手法をパッケージ化する=情報商材、塾、コンサルなどに形を変えて販売したほうがLTVが高ければそちらを選びます。

 

もちろんその組み合わせも可能です。

 

ビジネスというのはこのように組み合わせ作り、

思考していくのです。

 

 

これが上級者層の人たちが行うビジネスであり、

初心者、中級者はこの人たちが作ったかごの中で

流通させているにすぎません。

 

今回はちょっと難しいかもしれません。

初心者の方におススメのきじは

お金がないから起業できないを乗り越えた話

ノウハウには賞味期限がある

今回の記事が面白いと感じたかたは こちらもおススメ

将来的に稼ぎ続けられる思考法

 

ps

メルマガ登録お願いします。

 



0から年商4000万円までのメールストーリー!!
お名前(必須)
メールアドレス(必須)

リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ