せどりの始め方から終わり方講座

Amazon出品規制 食品・ヘルビ・最新の家電メーカーは申請通るのか?実際にやってみた

 

 

どうも、こんにちは。ヒロキです。
今日は、

 

 

「最近のAmazonのカテゴリ申請について」

 

 

 

 

 

 

というテーマで、お話していきたいなという風に思います。

 

 

 

 

 

最近のAmazonのカテゴリ申請、だいぶ変わってきてるし、

あとは、状況とかっていうものも結構変わってきてるので、

 

 

 

 

良くなった部分と、悪くなってる部分というのがいろいろあって、

そこについてお話していきたいなという風に思います。

 

 

 

 

 

 

 

まず良くなってる部分としては、

 

 

 

ヘルス&ビューティーだったりだとか、

あとは食品

あとはドラッグストアビューティーとかっていうのが、

 

 

 

圧倒的に通りやすくなってます。

(あ、ヘルス&ビューティーとドラッグストアは一緒でした笑)

 

 

 

 

 

 

今から1年前っていうのは、

 

 
もうどんな請求書を持ってってもほぼほぼ無理でしょ、

 

 

 

っていう期間が3ヶ月間ぐらい続いてたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、徐々に徐々に規制があって通ったり落ちたり、通ったり落ちたり・・・・・・

 

 

 

みたいな感じの期間があって、

 

 

 

で、最近は、

 

激緩です。。ゲキゆる。。

 

 

もう請求書さえ通すことができれば。

 

良くなった点でまとめていきましょうか、

 

 

 

 

食品、

 

 

ドラッグストア、

 

 

 

ビューティー

 

 

 

 

 

最近このビューティーのカテゴリとドラッグストアのカテゴリが、

区別がされなくなったような、なってないような、

 

 

 

 

 

というようなニュースも聞いたんで、

ちょっとその辺は調べてもらいたいんですけれども、

この3つのカテゴリっていうのが圧倒的に通りやすくなってます。

もう圧倒的に。

 

 

 

 

 

Amazonの条件満たしていれば!!

 

 

 

 

 

それは、請求書で30点以上というような条件を通せば、

ほぼほぼ通るんじゃないかなっていう風に思います。

今の現状だと。

 

 

 

 

 

なので、これも、Amazonて

結構コロコロコロコロ変わるので、

 

 

 

 

この時はこれでいいって言ってたのに、

次の時期から通れなくなったりとかいうのもあるんで、

この3つのカテゴリっていうのは今のうちに解除しておいた方がいいと思います。

 

 
相当、

 

「自分は中古だけに特化してます」

>>中古商品の仕入れ方はこちら 

 

 

 

という人以外は、このカテゴリは必要なのかなっていうふうに思います。

 
この3つは全部新品しか出せないので、

 

中古に特化してる人以外は、必ずマストかなっていうふうに今思います。

 

 

 

 

 

 

 

どっちに行くのかな?

 

 

新品に行くのかな?

 

 

 

中古に行くのかな?

 

 

 

 

 

って分かんない人は、

 

「とりあえずとっとけ」

っていうふうな所ですね

 

 

 

 

 

じゃないと、あと半年後とかにはまた分かんないわけですよ。

 

 

 

 

で、悪くなった所で言うと、

 

 

 

 

 

 

悪くなった所も沢山あるんですけど、

家電系が出せなくなってる

家電系の新品の規制は強いです。

 

 

 

 
なぜ強くなったのかって言ったら、

 

 

 

 

家電量販店とかで展示品とかで販売してる商品

 

 

 

をみんな新品としてバシバシバシバシ出していったんで

出品規制っていうものがすごく強くなりました。

 

 

 

 

 

 

それは本当はほぼ新だろ

 

 

 

 

 

っていうような商品でも

新品で出す人っていうのが超増えちゃったんです。

 

 

 

 

 

 

 

最近アカウントを作った人っていうのは、

 

 

 

家電系っていう物はほぼほぼ”新品”で出せない人が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、Amazonの詐欺事件があってからなんですけど、

 

 

大量に詐欺出品者で荒れに荒れてる

 

 

 

 

 

 

 

今年の4月とかなんですけど、2017年の4月とかに

荒れてから3日間ぐらいで死ぬほど出品が厳しくなって、

 

 

 

 

 

 

ゲーム機・ゲーム機関係

 

 

 

 

 

が現在厳しいっていう感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在ってつけてるのは何なのかって言うと、

 

 

 

これはあくまでも僕の予想なんですけれども、

 

 

 

あと数ヶ月経てば緩くなるんじゃないのかなというふうな予想はしてます。

 

 

 

 

 

 

 
この辺、業者がめっちゃ悪さしたんで、売れるんでしょうね、

めちゃくちゃ、

で、悪さしやすい場所でもあったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

ものすごく、

厳しいというか通れない、

出せないですね。

 

 

 

 

 

 

最近アカウント作った人は出せない。

 

 

 

 

出品できませんて感じです。

 

 

 

 

 
で、一時期なんですけど、

 

おもちゃ関係もめちゃくちゃ規制強かったんですよ。

この1ヶ月間ぐらいかな?これは。

 

 

 

 

 

ただ、ほんとにこの2、3日の間に、そんなに規制がない感じにもなってます。

 

 

 

 

 

 

 

一時期、ほぼ全おもちゃ、バンダイとかタカラトミー

 

 

のおもちゃが全部出せなくて

その二大メーカーが出せなかったらほぼほぼ出せないんで、

 

 

 

 

 

 

もうゲーム機とおもちゃ全部死んだーとか思って、

 

 

 

 

 

もう家電の中古しかやれるとこ残ってないみたいな状況ですよね、 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古でちゃんと売り上げ上げてこうって思ってったら、

そういうような状況にまでなってったんですけれども、

 

 

 

今はそんなことないよっていうことです。

 

 

 

 

 

 

おもちゃ関係もある程度出品できるようになってるんで、

そういった意味ではかなりその最悪な状況ではないって事ですね。

 

 

 

 
確かに一時期に比べてったら、結構やりづらくなってます。
という所なんで、、

 

 

 

 

ただ戦えるは戦えるんですよ。

>戦うためのマインドをまずは整えよう 

 

 

 

新品がまず通りやすいっていうので、

新品をやる人って

 

 

 

 

 

食品、

ドラッグストア、

ビューティー、

 

 

 

 

ここら辺を主戦場にしながら中古もやっていくっていうような感じですね。

 

 

 

 

 

 

で、家電の新品は結構厳しいです。

 

これ僕色々試したんですけど、

アップルと、

あとソニーとか、

 

 

 

 

もうこの辺は見て欲しいんですけどパナソニックとか、

あとオリンパスとかいろいろかかってるんですけど、

この有名ブランドのキャノンとか、キャノン、ニコンとかもかかってるわけですよ。

 

 

 

 

 

この新品の規制を外せるのかなっていう話ですが 外せるんだったら

 

 

 

 

 

相当ちゃんとした資料

 

というか

 

 

 

 

 

そのアップルの本社から販売許可書みたいなのを

もらうレベルじゃないと無理だと思います。

 

 

 

 

 

なんでかって言うと、

 

 

僕が卸からアップルとソニーの資料っていう物をもらって提出したんですよ。

 

 

で、提出したんですけど、

 

 

 

 

 

もう7分とかで落とされたんですね。

 

7分。

 

 

 

 

提出して、頑張って用意して7分で落とされる、

みたいな。

 

 

 

 

 

 

さすがにそれはないじゃないですか。

 

 

もう見てないで、ほぼほぼ落としてます。

 

 

 

 

 

ていうのが分かったんで、

ここを通すのに労力を使うのは結構難しいかなっていう風に思います。

 

 

 

 

今の現状のメーカー出品規制っていうのは。

 

 

 

 

 

逆にいいのがあったら教えて欲しいし、

そこはみんなでシェアしてもらいたいなっていう風には思いますけど、

現状は、ありとあらゆる人達の話だと、この辺は通ってないですね。

 

 

 

 

 

 

かなり厳しいんじゃないかなっていうふうに思います。

 

 

 

 

 

 

逆にこの辺だったら違う媒体で

販売する事を検討した方がいいです。

 

 

 

 

 

例えばヤフオクとかメルカリとかで捌いていくって事を考えた方がいいです。

先に。安くなっちゃうのかもしれないですけど、

 

 

 

 

アップルとかだったらどこの媒体もあんまり変わらないんで、

むしろ手数料が安くなってるんでその分でトントンぐらいかなっていう風にはなると思うんで、

是非、ちょっと考えてみてもらいたいなっていう風に思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のメジャーな商品ていうのは

ある程度どこでも相場は一緒なんで、

一緒っていうか手数料も差っ引いたらそんなに変わらないよねっていう風な状況にはなるんで、

ちょっとその辺をやってってもらいたいなっていう風には思います。

 

 

 

 

 

という事で、話をまとめると、まず良くなった所、

 

 

 

 

食品、

ドラッグストア、

ビューティー、

 

 

 

 

このカテゴリは、この動画を見終わってまだやってないって人は

是非とも通して欲しい。

 

 

 

 

 

 

で、早め早めに、

是非やってもらいたいなっていう風に思います。

 

 

 

 

 

 

いつまたなくなるか分かんないのと、

 

あと今FBAの手数料が割り引いてるんでチャンスなんですよ。

 

 

 

 

今年っていうか2017年中は。

 

 

 

 

で、ここら辺はチャンスなんで是非やってもらいたいなっていう風に思うのと、
悪くなるっていうのが、

 

 

 

ゲーム機とかおもちゃ、

おもちゃは結構今緩和されてきてるんで、

ほぼほぼなくなってるんですけど、

 

 

 

あとゲーム機、ここは僕の予想ですけど、

出品できるようになるんじゃないのかなっていう風な予測をしております。

 

 
こことかに関してはもう審査すらしてないっていう、

もう一時的な対処なのかなっていう風な感じもするんですよね。

 

 

中古すら出せない、

 

 

 

みたいな状況なんで、今のカテゴリ申請の2017年5月31日現在のお話でした。

 

 

 

という事で、

 

良くなった所、悪くなった所っていうのを、

たぶんこれ悪くなったって所ばっかりにフォーカスしちゃうんですよ。

 

 

 

 

 

僕のコンサル生とかも、

ここの部分できないんでとかいうふうにいうんですけど、

そうではないわけです。

 

 

 

出来るんだったら出来る所で戦うしかないんですよ。

 

 

それが、

今まで150万稼いでたのが100万になりました

 

っていうんだったら分かるんですけど、

 

 

 

 

3万円しか稼いでない人がこれがあるせいで10万円稼げません

 

っていうわけではないので、

 

 

 

悪くなった所、

これがなかったとしても、

月収で100万はいけると思うので、

 

100万じゃなかったら50万、50万は100%いけます。

 

 

 

 

 

 

 

10000%いける数字なんで、

そういった所にフォーカスするんじゃなくて、

 

 

 

 

 

こういった所

じゃあ今のうちに通しておこうっていうような所に時間を使ってるのかどうか、

 

 

 

 

 

 

で、対策が打ててるのかどうかっていう事を是非自分なりにチェックをして、

きちんとやっていってもらいたいなっていう風に思います。

 

 

 

 

 

という事でこれは、規制は変わるんで、すぐに。

 

 

あと良くなった所といったら、

危険物とかも、

 

これは前年度ぐらいから納品可能にはなってたんですけど、

最近は、セミナーを受けなくても可能になりました。

 

 

 

危険物とかも可能です。

 

 

 

食品もそうですね。

 

 

食品のセミナーがあったんですよ、

昔は。今はセミナーなしで受けられる。

 

 

 

 

なのでこの辺は緩くいこうっていうようなノリなんでしょうね、

Amazonも。

 

 

なので、今までの新規の出品がキツかった所は緩くなって、

今まで出せてた所の規制が始まってるっていう。

 

 

 

そのAmazon全体でバランスを取ろうとしてるっていう動きがあるって事です。

 

 

なので、こういうような状況なんで、是非ですね、

 

 

 

販売活動っていうものをやっていかないといけないんじゃないかなっていう風に思います。

今後の対策としては、

 

 

 

やっぱりその、最後に今後の対策みたいな所も話しておきますけど、

どこまでガチでやれるのかっていう事を話しますと

 

 

 

副業の人と本業の人とで違うので、

本業の人はここでは喋んないです。

 

 

 

 

ノウハウがガチすぎるので。

副業の人はぶっちゃけ規制がある商品は扱わなきゃいいって感じですね。

これが結論です。

 

 

そんな所に頭悩ませる時間はないんですよ、1秒も。

 

 

 

 

今僕がまとめたんで、

 

現時点でこのセミナーっていうかこの話を聞いたあとは、

ここの良くなった所っていうのはとっとと通すわけですよ。

 

 

とっとと通して、

で、現在出せないっていう所はもう出せないでいいんですよ。

 

 

 

 

 

 

そこの部分を切り捨てたって、

副業の人は変わんないですよ。

 

 

 

副業で月収100万までいけますから。
月収10万以下の人ですね、

 

 

 

月収10万以下の人はもう正直規制商品を考えなくていいです。

 

 

 

それが出来ない理由になっちゃうだけなんで、

そんな事は1ミリも思う必要はないって事です。

 

 

 

 

 

そこは扱わずに出来る部分だけフォーカスしていったら、

10万とかっていうのは現実的に可能なわけですよ。

 

 

 

 

生きていく分、食べていく分、その30万ぐらいまでは余裕です。

 

 
で、本業の人っていうのは、

ちょっとこの動画では言えない部分なんですけど、

もうちょっと広い視点を持った方がいいかなっていう風に思います。

(メルマガとかではこのへんのヒントも話をしていますので登録してみてくださいね)

 

 

 

 

でも、本業の人も扱わなくてもいいっていう戦略もあると思いますけど、

なきゃないフィールドで戦えばいいんですよね。

みんなどうせここで、他の人を嫉妬して辞めていくんだから、

 

 
自分はそうじゃないよっていう風に思えた瞬間に、

それだけでレベルが上がるわけですよね。

 

 

 

 

 

という事で、今回は久しぶりに更新をしてるんで、

言いたい事をバシバシ言ってったらちょっと強めのメッセージにはなっちゃいましたけれども

 

 

 

 

 

以上にしたいというふうに思います。
ありがとうございました。

 
リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ