せどりの始め方から終わり方講座

人生で一番高いランチのお話

こんにちは

 

ヒロキです

 

 

数日前に

小学校からの友達とランチに築地に行ってきました。

 

9月の誕生日だったのですが、僕が海外に行っていたこともあり

 

2週間以上、時期はずれ込みましたが

 

ご飯に行ってお祝いしてきました。

 

 

 

 

IMG_2518

 

↑国産うに5種食べ比べ丼

 

 

この前、懇親会にお邪魔させていただいた

わっきーさんがブログで紹介していた

築地でうにの専門店に行ってきました。

 

 

こんなにうにが贅沢に入っている丼を初めて食べたし、

それまでは僕はうにはそんなに美味しいと思ったことがなかったのです。

 

 

しかしながら、このお店のマスター(みたいな人)が食べ方と

うにについての専門情報を教えてくれて

日本全国で水揚げされたうにが昨日の夜の夜から出発して築地に届けられるそうです。

(お店で出されているほとんどのうにが海外産のようです..)

 

 

 

見ているだけでもよだれが垂れそうなうにが

いろいろな色をしていてお花のように美しい。

 

まるでうにのお祭りかのように

 

食べてみるとビックリするほど、甘くてまろやかで

苦味が全くなく口の中でただただとろけていき食感と風味が広がってくれます。

 

 

 

 

 

こんなに美味しく新鮮で砂糖のように甘いうにを食べたのは人生で初めてで

「食」に関してパラダイムシフトが起こりました。

 

 

 

醤油抜きで食べるのがポイントでそのまま食べてしっかりとした味が付いているのですが

醤油をつけなくてもピュアで水晶のように澄み切っているうにが

美味しすぎて、一口、運ぶごとに幸せになることができます。

 

 

 

特にうにと生卵の相性って抜群で

トロトロのうにがさらに卵でトロトロにまるで

口の中は天国というか楽園というかとにかく居心地がいいです。

 

 

ということで人生で一番ランチを経験したのですが、

この感動は是非味わってほしい。

 

 

 

 

一緒に行った友達ですが10歳の時から友達で

 

 

 

小学生の時から

一緒に登校し

一緒に学び

一緒に遊び

一緒にイタズラをし、

一緒に怒られ

一緒に捕まる  

 

という修羅場を乗り越えてきた友達で

たくさんの思い出が彼とはあるのですが……笑

 

 

 

 

僕の友達のほとんどがまだヤンキーっぽい兄ちゃんたちなのですが

彼は違って、1年前ぐらいに再会した時にはまじめに働いていました。

 

 

その時出会った時はまだ会社で働いていて

やる気のあるサラリーマンという感じで

仕事に対して燃えていました。

 

 

業績も140%も成長させるほどの大躍進をさせていて

会社からの評価もすごく良かったみたいです。

 

 

しかしながら、将来もその仕事を続けていきたいのかということを

聞くと

 

「起業したい」という言葉が出てきて

 

「あと3年後に起業する」

 

と再会した当時は言っていたのですが

 

僕と再会して何度か会っているうちに

 

 

「あと3ヶ月で会社辞める」

 

と言っていました笑

 

 

僕が辞めるように仕向けたのか、

 

彼が自分で決めたのか

 

 

もう忘れてしまいましたが、なんともいい

 

潔さです。

 

 

そして、本当に今年の3月で会社を辞めて

 

自分でビジネスを始めているわけですけど

 

 

後がない状況を自分で作り上げていることもあって結果を出すのも非常に早かった。

 

 

2ヶ月で月収50万円を超えて

 

今では月収100万円を超えそうな勢いみたい……

 

 

「先週の一週間だけで30万円ぐらい稼いだ」

 

って言っていて若手の育成なんかもやり始めているようです。

 

取り組んでるのがネットビジネスとか物販ではないですが

 

 

どこの業界でも結果を出す人は出すし

 

出せない人は出せない。

 

 

業界が悪いのではないと思う。

 

上司が悪いのではないと思う。

 

会社が悪いのではないと思う。

 

国が悪いと思う。

 

 

だって、そういうネガティブな言葉を発信するひとって

 

「俺、バカだから」

「俺、仕事できないから」

「俺、アナログだから」

「俺、モテナイから」

「俺、会社があるから」

 

 

といっていつも原因を遮断する人がいるけれども

これははっきり言って好ましいことではない。

 

 

このような言葉を使っていると

実際に思っていなくてもだんだんその言葉のように振る舞ってしまう

ようになっていき、無意識的にバカやアホを振る舞おうとしてしまうのです。

 

 

人間というのはコンフォートゾーンというのがあり、

これは昔、僕もそうだったのですが

 

「できない」が口癖の人ってなかなか何をやってもできないんですよ。

 

 

後は、「どうせ」 とか 「〜のせいで」って

 

という言葉を出した瞬間に

 

脳は責任の所在を自分ではなく相手に求めるメカニズムになっています。

 

 

だからそのような言葉が口癖になっている人で

 

うまくいっている人を見たことないし

 

 

やはりうまく成功していく人を見ていても

そのような言葉を使うことはありません。

 

 

これは自己定義の問題なのですが、

 

人間というのはうまくいくと思って物事をやり通すというのは

非常に重要なのです。

 

 

なぜなら、最後までヤリ切ることができれば

9割のことは達成できてしまいます。

 

 

なぜこんなことを言うかといえば、

多くのネガティブな言葉を発信する人っていうのは

そもそも自分のことを信じられないのです。

 

 

自分のことを信じられるだけの経験もしたことがないので

先に自分のことを守りに入ります。

 

自分は悪くないと自己擁護しなければ

 

精神崩壊してしまうでしょうから

 

 

自分以外の原因をなるべく多くたくさん挙げようとするんです。

 

それが、

会社であったり、国であったり、環境であったり、時には自分の才能であったりします。

 

 

そんなことをやっている暇があるのであれば、

 

1ミリでも成長して、成功の確率を上げたほうがマシです。

 

 

僕も友達もこの1年間でかなり成長し、

この1年間でステージが上がりました。

 

 

 

そんな自分たちのステージがこの1年間で少しは上がったな!

 

っていうランチをご馳走し、非常に喜んでくれました。

 

 

 

ps

お礼にということでお寿司を2件目にご馳走してもらっちゃいました笑

 

友達の誕生日で行ったのに…..笑

 

 

IMG_2520

 

 

カウンターでお寿司を食べるのも初めてだったので、この日1日で

すごく大人の階段を上った気持ちになりました!

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                
IMG_E91FB1D5BCAD-1
リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ