せどりの始め方から終わり方講座

依存型のビジネス

こんにちは。

今日は、久しぶりに基本に戻って、お話したいと思います。

多くの人が稼ぐための手段として、せどりをすすめているのに対して、

経験するのためにせどりというものを勧めています。

なぜ、経験するためなのか??

せどりといっても、

副業といっても、

ビジネスです。

ビジネス初心者の方が一番簡単なものですらも、スタートすら切れないという現実があるのです。

スタートすら切れなかったら、経験も糞もないんです。

稼ぎたいというのは、実力がついて、その結果として本来あるべきなのです。
例えば、
野球がうまくなりたいという少年がいたとします。
少年Aは、うまくなりたいので、一生懸命練習して、めちゃくちゃ努力します。
少年Bもうまくなりたいのですが、うまくなるための最短距離を行きたいとまずはイチローの本を読んでいます。そのあとは、松井秀樹の本を読んで、…
永遠に本を読み続けて、なかなか練習に入りません。

1年後、どうでしょうか??
少年Bは、そろそろ練習し始めてるかもしれません。
ただ、少年Aには敵いません。
当たり前の話なのです。

とりあえず、始める。
とりあえず、スタートを切れるということが大事なのです。
だから、一番簡単なものを迷っている人、何もない人に勧めるのがセドリなのです。

理由は簡単だからです。
参入しやすいからです。

ただ、継続性は欠けます。

なぜか?

考えてみましょう。

分かったかコメントにお願いします。

プレゼントで無料skypeをします。笑

セドリというものは、始める参入障壁が資金投入という壁だけです。

他のビジネスは、資金投入はなくても、精神的なストレスに付加がかかったり、

します。

精神的な障壁が一番低いのがせどりというだけです。

そして、結果がでるのが早いのです。

ただし、大勝利をおさめるのも難しいのも事実です。

おそらく月収100万円ぐらいが限界値でしょう。

ビジネスをやっているなかで
月収100万円というのはあまり高い数字ではありません。

だって、そうじゃないですか??

会社の社長が年収1000万円もらっていても

別にふーんっていう感じになりませんか??

僕は年収1000万円ぐらいじゃびっくりしません。

というか世間の認識も同じだと思います。

ですが、せどりの業界に限っては、トップクラスという存在になるでしょう。

そして、1000万円取るのは業界からしたら、難しいのです。

なぜなら、副業のビジネスだからです。

副業レベルで普通の企業と同じ収入をとるのには限界があります。

なぜ、限界があるのかというと、

せどりといっても、amazonに依存したビジネスです。

そして、仕入れ先に依存したビジネスなのです。

依存(amazon)×依存(仕入れ先)=不安定であり、その不安定の中で限界があるのです。

だからといって、
せどりの次は、大体アフィリエイトに移りますが、

アフィリエイトに依存していいかというと

それも間違っていると思います。

その理由も今あげたものと同じです。

もし仮に本当の安定したものを目指したいのであれば、

自分の実力を安定させる

ということが不可欠です。

時代の波によって、業績が変動する。

これは確かに仕方がないことかもしれません。

ただ、自分の実力だけは、右肩下がりの時代であっても

右肩上がりでいつづけなければなりません。

なぜなら
時代は変動します。

変動した時代を生き抜かなければなりません。

変化に対応し続けるために、自分自身が成長し変わり続けないといけないのです。

成長というのは痛みがもちろんあります。
しかしながら、マイナスだけではありません。
成長してできる幅が広がります。

人生における選択肢が増やすことができるのです。

成長し続けるということは明るい未来が待ってます。

明るい未来を勝ち取るために努力を惜しまないようにしましょう!!

 

                
IMG_E91FB1D5BCAD-1
リスト取り1

資金0・ノウハウ0のところからスタートし多くのせどり初心者を稼がせてきたどり後発組のための月収100万円パスポートであり動画15時間を越える完全無料のせどり業界唯一の教科書です



第一章:マインドセット編

第二章:せどり環境構築編  

第三章:Amazonせどり知識編  

第四章:ブックオフせどり知識編  

第五章:ブックオフせどり実践編  

第六章:オールジャンルせどり知識編  

第七章:オールジャンルせどり実践編  

【追加特典】:電脳せどりに役立つゲーム・おもちゃリスト100

 
                                                    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ